<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 20日
淡々と。
帰り道、最近は仕事の面でも意外と淡々としているなぁ、いい傾向だなぁと
我ながらニヤリとしていたのだが、その矢先に、つい感情を高ぶらせてしまった。

いかんですね。

相棒が言っていた。
私という人は、最後まで吐き出させないとだめなんだと。
吐き出して初めて、相手の話を聞くようになるんだと。
だからそれまでは自分は言い返さないし、言わないんだと。

本質をよく捉えていると思った。

ある意味、大人。
だから、すっぽりとはまる。
たぶん、失ったら生きていけないんだと思う。
そう思ったら、なんともいえない気分になり、涙が出てきた。

対話をすること。
そして流すこととのバランス。

ほじくりだしゃいいってもんでもない、大人の、
慈しむということ。

だから、私は、「たゆたう」ということを愛してやまないのかも
しれない。
e0029931_052031.jpg

[PR]

by tayutai | 2007-06-20 00:55
2007年 06月 16日
最近のお気に入り達。
気持ちよければ、それでよし。

うちの子にするとなったら、とっかえひっかえ比べながら、えいやーと買いマス。
洋服は、もうマジで試着しまくりですよ。
なので、なかなかバーゲンで買えず。周りの空気に押されちゃうんだもん。

やっと、自分っぽいものが何か分かってきた。年だよねー(笑)

(1)mina perhonenのエッグバッグ

東京ミッドタウン近く、国立新美術館のミュージアムショップにて発見。
どうもここのために限定で作ったみたい。形がかあいらしいのは言わずもがな、
デニム地に魚がところどころひらひら泳いでいて、
刺繍のカッチリさとラフさのバランスが絶妙。
やっぱりオリジナルの布とデザインの力ってすごいなー。
e0029931_2362497.jpg


(2)パンダのビーズ小物入れ

北京動物園でパンダをいっぱい見てウホウホになった後、パンダ舎ショップで発見。
去り際に振り返って見ていたところ、ほんとに欲しがっていると思われたらしく、
買ってもらった。わーい。
こういう愛嬌のあるおマヌケな顔が好き。
中国店員さんはみんな同じよと、別の子を薦めてきたが、どれとして、同じなんて
ことはないのです。この子を持って帰るのーと真朱譲らず。
e0029931_2371999.jpg


(3)BEAMSのキラキラポーチ

ジミハデな光りモノが好きです。というわけで、このマットすぎず
ピカピカすぎない、ゆるめな感じがよくって、化粧ポーチとして愛用中。
これ、つるつるの生地じゃ、アウトなんよ。思いのほか、いっぱい入ってよいです。
新宿駅内、通りがけにBEAMSにて発見。写真だと、つるつるに見えるねー。
e0029931_2375416.jpg



(4)m sugawaraのキャスケット

恵比寿アトレにて、期間限定で出店していた時に、たまたまぶつかったらしく、
エネルギーあるデザイン、バンバンあったので、つい吸い寄せられてしまった。
10個くらいかぶらせてもらって決めた。
頭の6面の生地もつばのところも色合いは似ているのに、
全部生地の柄や質感が違っていて、つぼ。
e0029931_2382870.jpg

[PR]

by tayutai | 2007-06-16 23:33
2007年 06月 16日
花が咲いた。
サボテン。

力強くさえある、美しさよ。
e0029931_22161464.jpg

[PR]

by tayutai | 2007-06-16 22:16
2007年 06月 16日
ホーム。
ご無沙汰です。
今もコトバは出ないけど、とつとつとでも書いてみようと思う。
これから2ヶ月間のことは、なんだか、残しておいた方がいい気がする。

コトバは大事で、でも、もっと大事なものがあって、
でも、一番大事な瞬間もあって。

コトバそのものに束縛されているな、と思うことがあるけど。
タイミングと、その人しか言えないコトバと、
その人からしか、その人へしか、意味をなさないコトバがあるのも確か。

たぶん、今は、
深く青を湛えた水面が、とてもすべらかだ。

私は永遠を見ている。

それは、永遠を信じたい。という願いでもなく、
ただそこにあるということ。

共に在るということ。



e0029931_22125388.jpg

[PR]

by tayutai | 2007-06-16 22:06