<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年 04月 28日
直前の気持ち。
そろそろ来る気がする。

午前4時42分。突然目が覚める。
トイレに行くと少し出血。
おしるしだ!

まだこれを書いているということは余裕のある領域であって、
痛みも、これが陣痛なのかなー?くらいの状態なのだが、
痛みの時間をメモ帳に記入し始めた。

定期的な痛み、それも10分ごとになったら、
病院に行くことになっているのだ。

今日、病院行くかもよー?と、相棒に声をかける。

行くことになるか、行かないかは分からないが、
どちらにせよ、一度、病院に電話しようとは思う。

朝、突然目が覚めた時は、正直少し怖かった。

多分これから予想を超えた痛みが来るなという予感。

それでも。

私達は乗り越えられる。と思ったら、気持ちが定まった。

これは家族3人での初めての共同作業なのだと思う。

我々も力を尽くすが、豆もこの世界に生まれ出るために、
必死になって出てこようとしている。

生み出す力。
生まれようとする力。

陣痛が始まってから、逐一記録を取ると面白いかなーと
思っていたのだが、そんな余裕はなさそうだし、
そもそもそういう気分になれないかもしれない。
分からない。

既に、外界とコミュニケーションする私とは別に、
「産む」そのことに没頭しようとする内なる私がいる。

その、外界と内なる私をつなげる私が、静かに見ている。

丁度それは、ピアノを演奏している時の私に似ている。
ピアノも演奏に熱く没頭しているだけではダメなのだ。

ここ数日、家族や親族や友人から、どう?という
連絡が多い。

そうやって連絡をくれる人達も、あえて今の時期だから
連絡をしないでいてくれる人達も、どちらも、
こちらには

届いている。

有難う。

昨日は相方から電話があって、しばし話をした。

私が思ったより冷静に見える。と言っていた。

直前の気持ちを聞かれたので、怖いってよりも、
来るなら来いって気分かなー。
なるようにしかならないし。
と、確か答えた。

豆にも、出ておいで。もう出てきてもいいんだよ。
と、声をかけた。

うーん?
どうも、これを書いている間に
陣痛が一時おさまってしまったようだ。

そういうこともある。

4月中に豆に会えるといいなぁ。

というわけで、気合いでツルッと産んできます!

母子共に元気で無事で。
願いはただ、それだけ。
[PR]

by tayutai | 2009-04-28 06:29
2009年 04月 26日
初めての。
豆のおもちゃ。

作ってみました。
オーガニックコットンで編み編み。

くらげちゃんガラガラ。
(さりげなく女子向けってことで、睫毛がついてます)
e0029931_044414.jpg


フィーリングでその場で産んでいるもので、思いのほかビッグサイズになっちまったぜい。

赤ちゃんの手で握るには厳しいかなぁ。
触らせてみて、様子を観察してみるよ。

ただ、彼らはだいたいべっろべろに舐めるので、
触手がちぎれないように、しっかりばっちりくっつけたつもり。

ひもで部屋にぶらさげてもいいかも。
そのあたりは臨機応変で。

また色々作ってみると楽しいなぁ。
e0029931_0442369.jpg

[PR]

by tayutai | 2009-04-26 00:47
2009年 04月 24日
スイカ。
明日が出産予定日だが、まだなんじゃないかという気がする。
予定日に本当に産まれるのは100人に1人とか。

そろそろだなー。とは思う。

木曜日に定期検診に行ったら、先生曰く、先週よりも子宮口は
前に出てきていて、お腹の張りが少しあるけど、まだかなぁって
雰囲気だった。

もしもこのまま陣痛が来なければ30日に再び定期検診をして、
その後、入院の日取りを決めようか、とのこと。
ゴールデンウィークに入っちゃうしねぇ。

今はまだまだ正期産の期間だけれど、予定日から2週間を超えて
しまった場合、産まないと母子の体がまずいらしいよ。

多分、30日前に産気づく気はするけどー、とは言われた。

それは神のみぞ知るというか、豆のみぞ知るって感じだけど、
27日、8日あたりに来るかしらねー。などという気が
私はしている。
勘はなかなか当たらないだろうけどねぇ。

丁度1ヶ月検診に来ている母子が次の患者さんで、
赤ちゃんがとても小さくて可愛かった。

私が、ニコニコしながら赤ちゃんに寄っていったら、
あなたも早く産んじゃってよー。と先生が笑いながら言った。

産んだら、旦那なんてどうでもよくなっちゃうんだから。
うちも妻と娘が連合軍を組んじゃって大変。と、
とても嬉しそうに言うんだ、これまた。
お嬢さんのこと、ほんとに可愛いんだなぁ。と思った。


今日、八百屋さんに行ったら、スイカの初物が出ていて
とても美味しそうに見えた。

私は本来はスイカやメロンがそれほど好きではないのだが、
あの赤さに、今日はハッとするほど惹かれた。

そしてスーパーで無性にウナギが食べたくなり購入。
あらかじめ力つけておこうって体が欲しているのか。

今日は今年の私にとっての初物、マンゴーを食べた。
相棒が買って来てくれたのだ。
私は果物の中でマンゴーが一番好きなんだ。

そして、パンの中ではフォションのブールが一番好き。
最近フォションには行けないけど、多少それに近しい味に
昨日出会えたので、ちょっと嬉しい。

あとは、なんだろうなぁ。やり残していること。

今日はボタンとか、ほつれた布をまつったり、そんなんで
終わってしまったけれど、明日は豆のものでも作るかなー。

お腹は、もうほんとに力いっぱいぱんぱんで、巨大なスイカが
くっついているみたいに見えるらしい。

お産の時は鼻からスイカを出すくらいに痛いと聞くけれども、
確かに今のお腹は巨大なスイカみたいだ。

今、この瞬間。と思い、お腹の写真を撮ってもらった。

そうこうしているうちに、陣痛は来るんだろうか。
多分突然やってきて、でもきっと、慌てることはない。

静かな水面を眺めるように。

しかし痛いことはものすごく痛いし、長丁場の闘いだと思うので、
かるーく読めそうな、思わずふふっだったり、ぷぷっだったり
笑えそうな本、ゆるーい本を数冊用意。

その中には高田純次本も。
いやぁ、あの適当っぷりは才能だよね。
還暦過ぎてなお、のチャレンジャーぶり。
なにかと息が長い人だなぁと思う。
下ネタばっかりだと困るけど。
[PR]

by tayutai | 2009-04-24 23:59
2009年 04月 24日
「海月姫」という漫画があるらしい。
第一巻が3月に発売。
というわけで、まだまだオススメかどうかはなんとも言えないが、
続きが気になるか?と言われれば気になる。

主人公は月海ちゃんというクラゲ好きな女の子。
小さい頃にお母さんと観にいった江ノ島水族館のクラゲにはまり、
クラゲイラストを描いては部屋に飾っている。

イラストレーターを目指して上京してきた彼女が住む部屋は、
男子禁制の腐女子の巣窟・天水館。

腐女子の面々は、濃いキャラ満載。
男子やおしゃれな女子に接すると石化しちゃうんだ、みんなして。
そして、しゃべり方が変。

月海ちゃんは、ひょんなことからおしゃれで可愛い女子と知り合いになり、
その日、その子が天水館に泊まることになったのだが、
実態は、な、なんと、女装した男子!だった。

そこから始まる恋愛ギャグ漫画!?(と言ってしまっていいのかなぁ。)

文章にするとなんだかなぁ、な話なんだけども、
サクサク読めます。勢いあります。
クラゲへの愛は感じるね。だから、イヤミがなくていいよ。

昔の少女漫画にありがちな、主人公が眼鏡とったら可愛いよっていう
ラインはありつつ、政治家やら再開発やら腐女子やらニートやら
親子や兄弟の複雑な関係やら色々絡んできそうなので、
続きがどう転ぶかは全く分からないなぁ。

私が今思うのは、月海ちゃんが飼っているタコクラゲ
クララちゃんのグッズを是非作ってほしいってことかな。
そしたら買う(笑)

「kiss」という「のだめ」を連載している雑誌に掲載中のようなんだが、
4月号はクララちゃんエコバッグ100名様プレゼントとのことで、
当たった人は譲ってほしいくらいだよー。

さすがに100名プレゼントのためには買わないけど、
全プレだったら確実に雑誌買ってた。と言ったら、
隣で呆れ顔をする人あり・・・・・。

先日よりクラゲ熱が再燃していて、ネットで検索してみたら、
今年はけっこうアパレルでもくらげモノが出ていて豊作。

夏に向けてこの時期に色々出てくるんだよね。

クラゲに目がくらんでいるだけだよー。デザインよくないよー。
と止められてしまったが、チュニック本当は買おうとしていました・・・・。
可愛いと思ったのになー。思い切れなかったよ。

とりあえず、産後に眺めようと思って、今年出たクラゲ写真集2冊は
注文して実家に既に送っておいた。ふふっふー。

加茂水族館オリジナルグッズも、ものすごく狙ってます。ふふっふー。

「海月姫」 第1巻 東村アキコ 講談社
[PR]

by tayutai | 2009-04-24 15:43
2009年 04月 24日
八重桜。
19日、本当はレッドクリフパート2を観るはずだったのだが、
おっぺけぺーな理由でお流れとなり、新宿御苑に行った。

結果的にはお散歩もオツなもので、よかったと思っている。

途中、追分だんごで和菓子を買っていった。

これが二人家族最後の外出なのかなーと漠然と感じつつ、
八重桜やグリーンがとても綺麗で、気持ちよかった。

何人か妊婦さんとすれ違った。

ユリノキに、以前来た時と同じようにお腹で挨拶した。

無事元気に生まれますように。

八重桜はどこまでも満開で、圧倒的に生命力に溢れていて、
たくさんの人達を笑顔にしていた。

私は芝生にあぐらをかいて、ただただ無心に眺めていた。

豆とも一緒に、この景色を眺められてよかったと思う。

豆は生まれてきてもそんな記憶がないだろうけれど、
きっとどこかに、眠るように残ってゆく。
そんな気がする。
e0029931_1513244.jpg

[PR]

by tayutai | 2009-04-24 15:14
2009年 04月 24日
クラゲ切手。
こんな感じ。

暗いところで発光するのが楽しい。
e0029931_14535636.jpg

[PR]

by tayutai | 2009-04-24 14:56
2009年 04月 17日
ゆる~い漫画2種。
このところ面白いなぁと思った漫画は下記の2つ。

●「もやしもん」 石川雅之 講談社 現在1~7巻

●「聖☆おにいさん」 中村光 講談社 現在1~3巻


「もやしもん」のおかげで、我が家では「かもす」という言葉がちょっとしたブーム。

菌が見える男 沢木惣右衛門直保が農大を舞台にお届けするのんびり漫画ってことで、
もやしは、スーパーで主婦の味方的な、アノもやしではなくって、
酵母とかの菌が発酵する、繁殖する、腐敗するってことらしい。

菌はデフォルメされてつぶらな瞳でどんどん出てくる。
ちょっとグッズが欲しくなっちゃう感じ。

昨年10月11日から今年1月12日まで上野の国立科学博物館で開催されていた
『菌類のふしぎ きのことカビと仲間たち』でも、この作者の描いた菌達が
大活躍していたみたいだ。行きたかったなぁ。

研究室では、お酒やら味噌やら色々作っていて、面白そう。
大変だけど、読者自身が作ってみたくなるような位、
丁寧にそれぞれの工程が描いてあったりもする。

マタニティライフではお酒を全く飲む気分にもならず、
横で誰が飲んでいても何も思わなかったのだが、
この漫画を読んでいると、ちょっと飲みたくなって困る。

研究室を率いている教授の語りが熱すぎるほど熱く、
たいていせりふの吹き出しからはみ出して、
語り尽くされることがない。

ものすごくディープに作者は菌について調べているんだろうけれども、
それでも全般的にゆる~くて、堅い雰囲気がないのがいいんだろうね。


「聖☆おにいさん」は、イエスとブッダが立川のアパートで同居している漫画。
世紀末が無事終わり、下界で休暇中っていう設定なんだけども、
一神教の人からしたら、この並び、なんじゃそりゃって話だよね。
発想がそもそも面白くて、そう来たかぁ、やるなぁ。と思った。

こちらも作者は、知識の上では相当キリスト教や仏教を調べているように
思えるが、全般的にゆる~い空気が流れている。

私は幼稚園がキリスト教で、小学校が仏教の学校だった。
ご飯を食べる時に、両手を組み合わせてアーメンと言っていたのが、
小学校入学によって急に合掌に変ったし、十字架が仏像に変った。

ある意味、衝撃的な変化なのかもしれないが、
それでも当時は、まぁそんなもんかぁって、すぐに馴染んでしまった。

特に小学校は、お釈迦様の誕生日、亡くなった日等に行事があって、
お釈迦様のアニメビデオを観たり、音楽の先生が名指しで聖歌隊みたいのを編成し、
なぜか私も選ばれて皆の前でお釈迦様ネタの歌を歌ったりしていたよ。
今考えるとけっこうディープ。

子供にとっては、行事の日にはお饅頭や落雁が配られるので、
それが楽しみだったくらいで、特別な空気ってほどでもなかった。
周りがみんなそうなんだしねー。
落雁よりはお饅頭が好きだし、死より生がいいし、誕生日がいいなー的な。

日本にいて、特定の宗教に帰依していないから、それもありで、
だから、この漫画の成り立ちが単純に楽しめてしまう自分がいたりはする。

ゲラゲラってよりは、思わずプッって感じの笑い。
[PR]

by tayutai | 2009-04-17 22:31
2009年 04月 16日
本日の出来事。
検診後、スーパーやら肉屋やパン屋で買い物しつつ帰宅したら、
一週間ぶりの外出だったからか、なんだか疲れてしまい、
風邪もぶりかえしそうな気配で、お昼を食べて横になったら、夜だった。
びっくりした・・・・・。

帰宅した相棒に、幸せなマタニティライフだねぇ。と言われる。
た、たしかに・・・・・。

相棒は今日、軽く飲みだったので、よかった。
そうじゃなければ晩御飯がないところであった。ふんがっくっく。

自分が3食食べないと生きていけない人間なので、
何かしら食べ物がないと、いやなんだよね。
朝ごはん食べない。っていうのも無理。
そして何を作るにしても色んな種類をなるべく入れ込もうとしちゃう。
一日三十品目。と思ってはいる。

今日も肉屋のおじさんがいい味出していて、ほんとお腹重そうだよねぇ。
とおっしゃるので、来週の予定ですよー。と言ったら、
もうすぐじゃん。と、びっくりしていた。

検診は、つるっと終わった。また来週ねーって感じだった。
豆は元気でお腹の張りはあまりなし。
あとは陣痛を待つばかりだねー。とのこと。

子宮口は柔らかくていいらしいが、まだまだ後ろにあって、
これから前にせり出してくるらしい。人体の不思議。

一週間ぶりの外は、ぽかぽかとむしろ暑いくらいで、
桜は地面に名残を見るばかり。
緑や花が綺麗だなぁと、ぽくぽく歩く。

病院までは徒歩30分くらいなのだが、丁度いい運動なので、
ぽくぽく歩く。

桜が満開だった頃、公園を歩いた。

相棒が私&豆の写真を撮っていたら、こちらをニッコニコして
眺めているおじさんがいて、私も思わずニッコニコしたら、
記念だから。と言って、相棒も入れた写真を撮ってくれた。
いい人だ。

花の色が鮮やかで、歩くのも楽しみだ。
[PR]

by tayutai | 2009-04-16 22:32
2009年 04月 16日
久しぶりのくらげモノ。
これから産婦人科で検診どす。

出産退院後は、1・2ヶ月ほど実家で過ごす予定。
よって、先日、実家に行き、豆と過ごすスペースを作ってきた。

自分の部屋は、嫁いだ時のまんまになっていて、
いつ行ってもすぐに眠れるのだが、
シングルベッドだし、モノも大量にあるため、
別の部屋がいいかなぁと考えた。

よって、豆とは和室で過ごすことにした。
相棒が来たら3人で眠れるし。
静かだし、余分なものはないし、日も当たるし。

豆の様々な下着や洋服、おむつ等を入れる引き出しを
とりあえず見つけ出し、設置してみた。

もともとこの中には、大量のくらげモノ等が入っていたのだ。

少なくとも蜜柑箱で5、6箱はあるんだろうなぁ。
それ以上かなぁ。
実際の数は一度も数えたことがないため不明。

これらは、母上にも相棒にもいい顔はされてなく、
嫁に行く時にどうするの?と言われたのだが、
そのまんまになっている。ホホホホホ。

いやぁ、捨てたくないですよ。一生。
たとえ母になってもね。
そういうもんだと思うんだけど、ダメかなぁ。

久しぶりに山形県にある加茂水族館のサイトをのぞいたら、
電話やfaxで、水族館オリジナルなくらげモノを注文できるみたいで、
キラリと目が光る私だった。

なんつって、実際には今のところ踏みとどまってはいる。
少なくとも一度は直接、水族館に行ってみたいじゃない。
そしてその場でキャーキャー買いたいじゃない。

というわけで、夢だから夢なんだけど、
もしも宝くじが当たったら、全国から取り寄せたいなぁ。各種くらげモノ。
あとは、珍しい梅酒100種くらいとか。
そんな感じでかわいいもんですよ。

久しぶりに、くらげモノで自分内盛り上がりを迎えたところで、
丁度、楽天市場のポイントがたまっていたため、
さっき、2008年6月香港発行のクラゲ切手シートを注文しちゃった。

暗いところで光るらしいよ。
こういう無駄ともいえる、ちょっとしたことが、
とてもおステキでよいね。

では、検診に行ってくるです。
[PR]

by tayutai | 2009-04-16 09:24
2009年 04月 15日
忘れ物はないか。
先週木曜日から風邪が悪化し、来客の予定もキャンセル。
鼻水、咳、くしゃみ、涙。
近年まれに見る酷い風邪だった。

この一週間一歩も外出せず、産婦人科で薬を処方してもらって
家でごそごそしていたら、峠を越えたみたいでホッとしている。

とはいえ、ずっと寝たきりでは体力が落ちてしまうので、
家で出来る体操はしていた。

だんだんと豆が下の方に下がってきた感じはする。

ここ2、3日、豆の頭がぐりぐり骨にあたる感じがして、たまに痛い。
先週の検診で、豆が下がってきたことについて、
いいですよー。とお医者さんが言っていたが、
まだまだお腹の張りもないし、予定日から遅れるかもねぇとは
言われている。

豆の心音を聞くと、とても元気で、でも、検査している時は
案外おとなしい。
終わると、とてもよく動くので、もしや人見知りかもしれず。

今日、骨盤ベルト(トコちゃんベルト)で指導してもらった
助産師さんと久しぶりに話をした。

とても元気をもらった気がする。

分娩後の過ごし方の話などもして、自分の腰や骨盤や坐骨を
いかに守っていくか、改善していくかを考えた。
無事元気に産まれたら連絡しますねー。と話して、
電話を切った。

今は顔も体もパンパンだけど、産後も元気で、
かつ、妊娠前のように戻っていったらいいなぁ。

産前直前は、坂道とか階段の上り下りとか、床などの拭き掃除(両手で)
がいいそうだ。

そして、豆だけじゃなくて、母親も産むぞっていう気合いがなければ、
全然産まれてこないらしい。

産む気がない時は産まれてこないというのは、なんだかよく分かる気がする。

先週末は正期産に入っていたから産まれてもよかったわけだけど、
相棒が神戸での友人の結婚式へ出かけていたため、少し不安だった。
でも、私自身に全然産む気がなかったし、豆も産まれてくる気配はなかった。

神戸では相棒の友人・Hちゃんが、生田神社で安産お守りを
買ってくれたらしく、嬉しかった。
男子からいただいたのは初めてー。

この部屋には、安産お守りがいっぱいだ。
たくさんの人に望まれて産まれてくるって、いいことだ。

出産前に最低限やれることをやろうと思って過ごしていたら、
とりあえずやっと準備は整った感じがする。

だから、もう大丈夫。
このタイミングになって、出産のことだけを考えて一週間くらい過ごせそうだ。

出産予定日の25日は新月らしい。

何かやり忘れたことがあったとしても、まぁ、いっかぁ。どうにかなるかぁ。
と思うことにする。
[PR]

by tayutai | 2009-04-15 20:50