<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 21日
20110121(任意の予防接種とクラゲ本。)
午前中、役所と図書館に用事あり、ベビーカーを押してざかざか歩く。
2月は確定申告の時期だねー。
会社員の人は年収2000万以下で医療費控除とか、1年目の住宅取得控除とか
なければ会社で年末調整やってもらって終わりの人が多いだろうけど。
あー、あとは年末近くなって扶養の増減があって年調に反映していない人とか。

私は運転免許証を持っていないので、写真付きの身分証明というと
どうしてもパスポートになっちゃう。
ただ、あまりパスポートは持ち歩きたくないわけで。
写真付の住民基本台帳カードを作ると便利だよね。
次回行った時に作ってしまおうと決める。

引越ししてきて初めて、図書館に行ったよ。
私と豆千代の分の図書館カードを作ってもらう。
全部絵本買っていたら大きくなるまでにとんでもないことになるので、
何冊か借りて、その中でもしもいいなというものがあったら、
セレクトして買うのがいい。
やっぱり心置きなく読むには、借りたものより自分のもの。
一気に10冊ネットで絵本を予約する。

そして私自身は、「海のUFOクラゲ-海は、もうひとつの宇宙だ!」
という本を他図書館に声かけてもらって取り寄せしてもらうことに。
この本、タイトルは非常に怪しげなのだが、とってもいい本。
しかし悲しいかな絶版で10年以上探すもいまだ見つからず。
本気で欲しいんだよー。

以前、地元の図書館には蔵書があり、読んで面白かったのだが、
今回再び地元に引越しで帰ってきて検索したところ、
除籍になってしまったようなのだ。
この本を除籍するなら、私に売ってほしかった!と、
くやんでいてもどうしようもないので、とりあえず、
どこか提携している図書館にまだあるといいな。
国立国会図書館に行けばあるだろうが、それはちょっときつい。
しかも、国立国会図書館から取り寄せすると、地元の図書館内
だけの閲覧になるんじゃなかったかな、確か。

というわけで、誰か持っている人がいたら、本気で譲ってほしいよ。
(あの本が好きな人はほんとに好きだろうから、
手放さない気はするけどねー)

午後は予防接種。
運動がてら片道30分くらいベビーカーを押して到着。
ヒブワクチン追加の4回目と三種混合追加の4回目を受けに行く。
ところが受付でヒブは2月から助成金が出るかもしれないとの話を
聞いてしまう。
先生とも話して、4回目だったら2月まで待ってもいいやということに。
ヒブ1回目だったら一刻も早く打ちたいから、お金少々高めでも
やった方がいい気がするが、なにせもう4回目だし。

病院によって金額の差はあるが、私が行っている小児科は
ヒブ7,500円、肺炎球菌9,500円だ。
それがなんと3分の2くらいの金額で打てるという。
少なくとも2,000円以上安くなると聞いたら心揺れるよ。
これから受ける子達は少々お安くなるからいいね。

地域によっては、既に助成があるところ、全くないところ、
バラバラなのが現状だ。
早く任意のものが全国的に必須の予防接種になって、
助成が出るようになるといい。

豆千代は来週、水疱瘡の予防接種を受けて、来月ヒブと肺炎球菌を
受けたら、しばらくはおやすみ。

2歳くらいまでの子供って、BCG1回、ポリオ2回、
麻疹風疹1回(将来第2期も)三種混合3回と第1期追加(将来第2期も)があり、
他に任意で、新型インフルエンザ、ヒブワクチン、肺炎球菌、おたふく、水疱瘡
と、予防接種ラッシュの時期があるんだよねー。

組み合わせ方に頭悩ませるし、具合悪かったら受けられないし、
けっこう前後はどきどきするよ。

帰りは途中からベビーカーをいやがり、豆千代と手をつないで歩く。
ベビーカーを押しながら一緒に歩くのはだいぶ慣れたが、
いろんな方向へ行こうとするので、その度に捕まえるはめに。
自由人豆、往来が激しい場所だと事故らないかとビクビクする。


とにかく、毎日自分自身の足で歩くのがいい。
さすがに大人の早足で片道20分以上の場所だと躊躇するが、
だんだんと一緒に歩けるようになりたい。
片道15分、往復30分は行けると思う。
途中で寝られちゃったら、きっついけどね。
抱っこきっつい。腰やられる。

1月19日計測してもらったところ、
豆千代の体重 10.66kg
    身長  81.6cm

今月も順調なり。

最近は、なるようにしかならんって感じで、育児相談してないや。
春頃になったら、おむつはずしの話をしてみようかな。
今年の夏にははずしちゃいたいよねー。
まぁ大人の都合ではけっしてなく、もちろん本人次第。

特に豆は、本人の意志が大事な感じがする。
私はお手伝い&気分良く乗せちゃう係だなー。
[PR]

by tayutai | 2011-01-21 17:43
2011年 01月 20日
20110120(苦しいけど可笑しい。)
私が大きなクシャミをした。
豆千代がハンドタオルを持って寄ってきて、タオルごと私の鼻を両側からつまんだ。

これ多分、鼻をかませてあげようと思ったんだね。

おー、嬉しいじゃん。と思いつつも思い切りつまんでいるので息苦し。
そこは幼児、力の加減はできず。

お風呂で背中を洗ってくれたり、スプーンやお箸でご飯を食べさせてくれたり、
誰かをお世話することを色々したいみたい。

今までは私がやってあげようとしても、自分で。自分で。というのが強かったけど、
最近は自分で。がメインにありつつ、わざわざマグを持ってきて飲ませて、とか、
スプーンやフォークを持ってきて食べさせて、ということもある。
ぐんぐん成長しつつ、甘えちゃんの部分もあるのだね。

そろそろ足の絆創膏は取れるかなーと思ったら、まだ満足しない模様。
ウェットタイプの絆創膏、思いのほかはがれやすく、はがれるとまたつけてほしい
そぶりを見せる。よくなったよねー。と言ったら、ねー。と声を出して言うから
大丈夫かと思いきや。

最近、この、「ねー。」が出てきた。
言った事を理解した上で同意しているのかは不明だ。

それと、名前を呼ぶと、「あーい。」と返事して手をあげるようになった。
昨年には手はあげるようになっていたのだが、声を出すようになったのは今年かな。
まだ児童館では出席の名前を呼ばれても無反応なので、そのうち反応するように
なるかしら。
「マーマ」「はーい。」と共に、お風呂で向かい合って言い合うのがブーム。

それから、ご飯の時、「あちっ」(熱い)ばっかり気を取られていたのだが、
「おいち」(美味しい)もよく言っていることが判明。
「あちっ」と聞き間違えていたこともあったな。きっと。

美味しいは、ほっぺを触りながらいつも私が言っていて、
豆もほっぺを触るだけだったから、美味しいは口に出していないものと思い込んでいたら、
ほっぺを触らずに、美味しいを何度も言っていたのだった。

一度聞き分けられるようになると、どんどん、こちらの耳にもちゃんとコトバとして
飛び込んでくる。子供の言葉って面白い。

追記:お風呂上りにカバーオールのパジャマを着せた後、自分でスパッツを
引き出しから持ってきた。
カバーオールというのはようするにつなぎ。
横目で見ていたら自力でカバーオールの上からスパッツを履き出した。
カバーオールはフリース地で厚手、スパッツは意外とスリムなため、
ちゃんと股まであがるはずもなく、必死で半ば怒りながらあげているさまが、
可笑しくも可愛い。本気で怒っているもんなー。

追記2:今日は珍しく朝から調子出なかったらしく、ずっと抱っこしたりで
ぐずぐずしていて、児童館にも行かず。
やっとお昼近くなって、外にバーちゃんが連れ出した。
ほんとバーちゃんがいてくれると助かる。
最近、私がパソコンとにらめっこしている時間が数時間あるので、
そういう意味でも本当に助かる。

二人だけだと煮詰まる瞬間がきっとある。毎日いると。
あと、作業している時はどうしても相手できない時があって、
でも、大人の事情なんて子供は関係ないから。
やっぱり相手しない時って注目してほしいからいたずらをしかけてくるんだよね。
それはすごくよく分かる。

外行くのいつも大好きだけど、そういう子でもあんまり調子でない時もあるんだなぁと。
明日は予防接種なので受けちゃいたいし、少し大事をとる感じで。

追記3:最近、カメラに夢中。私のデジカメは無事でいられるのか
ちょっと心配。生まれたときからデジタルに囲まれている子供たちは
驚くべき速さで吸収していく。たまにどうやったの?と、こちらが
知らない機能を繰り出してきたりするから、面白い。
元に戻るのに一苦労。

追記4:キッチンとリビングの間にベビーガードなる扉をつけている。
つまみの部分を動かすと開く。
それを1歳8ヶ月にしてどうも開けられるようになった気配がする。昨日から。
気のせいかなー。
ちゃんと扉が閉まっていなくて、たまたま開けられたのだと思いたい。

追記5:食べながら歩き回るのはあいかわらずだが、食べ物撒き散らし活動が
減ってきた気がする。口から出して床に撒くのではなく、私に手を出してと
ジェスチャーしてから、私の手の平に出すようになった(笑)
いいこともあればまた新たなる問題もあり、ボールペン等が豆千代の手に
渡ったらさぁ大変、とにかく、ぐちゃぐちゃに色々なところに書いてしまう。
自分の着ている服などにも書いちゃうので、食べ物では汚れが減ったけど、
ペンは消えないねー、手洗いしても。

追記6:家族でクレヨン片手に大きな紙を囲むことがある。
だんだん慣れてきて、色々な色を使ってのびのびと描くことはすばらしいことだが、
相棒や私が描きはじめると、最近は必ずそこをぐちゃぐちゃに塗りつぶし始める。
動物だったら、たいてい顔。前は別のスペースに書いていたのに。
これは一体何?ホラーな絵が出来上がることもしばしば。
[PR]

by tayutai | 2011-01-20 19:49
2011年 01月 17日
20110115(動物と自然と科学と。)
朝、相棒と豆千代と共に電車に乗る。
私は品川へ。相棒たちは上野へ。

久保田信先生の講演を聴くため京都大学東京オフィスに到着。
お題は「人類の夢、不老不死のベニクラゲの神秘」
詳細はくらげモノカタログ。にて。近日アップ予定。
http://knisshi.exblog.jp/

講演後、久保田先生含めjfishの方々5名とランチ。
みんな個性豊かで情熱ありまくりで面白かった。
後半、Aさんがベニクラゲ飼育をはじめたきっかけについてうかがう。
今ではすっかりライフワーク。
飼育に至るまでに色々な水族館や先生が関わっていて、
はてはベニクラゲの若返り現象を発見したイタリア・レッチェ大学のボエロ博士に
アポを取り、会いに行っちゃったのだから、そのエネルギーたるやすごい。
将来有望な学生さんもいて、とっても可愛くニコニコだったよ。
加茂水族館のアカクラゲぬいぐるみ(小)をカバンにつけていて、
ナチュラルな感じの子だったので、全く違和感なく、ぬいぐるみ触らせてもらっちゃった。

私も学生時代にクラゲと出会ったけど、飼育の方向には全くいかなかった。
Kさんが飼育には技術者やってる人が向いているかもっておっしゃっていたけれど、
それはすごくよく分かる気がする。一つのことに取り組む熱量、粘り強さ、
細かい単位での様々な現象の組み合わせ。

今振り返れば、私が興味あることは、文学、音楽、アート、ハンドメイド、色、
写真、助産師、薬剤師、そして、クラゲかなぁ。助産師は完全に妊娠しなければ
全く触れることのない分野だったよ。
学生時代は文学だったけれども。別の道に行っていたらどうなっていたのだろうね。
これから、私が出来ることって何だろうね。

今回の講演で、クラゲだけでなく、動物全体の、もっと広い視点に触れることが
出来たので、興味が広がっていきそうだ。

動物が全世界で認識されているだけでも140万種、40門(+1門は幻といわれている)
だと知ってる?
我々人間は、脊椎動物門 サカナ・ヒト 47000種だと知ってる?

私は全然知らなかったよ。
動物の見方、世界の見方が変わるような新鮮さ。

先生は、動物への愛、自然への愛が溢れていて、そういう人が増えたら
無益な殺し合いや自然破壊がなくなって、いい地球になるのだろう。

講演後、相棒へメール。豆千代が助六寿司を食べている写メが送られてくる。
ランチ後、相棒へメール。上野の科学博物館を経て、動物園にいることが判明。
豆はカバの前のレストランで昼寝中。
私は上野に向かい、年間パスポートを持っていたのでゾウの前で待ち合わせ。
ゾウやサルや鳥を少し見て、パンダのお名前募集葉書をもらって帰宅。

豆はまだ恐竜には興味がなさそうだ。
一番の興味は展示のスイッチで、わざわざ戻ってまた押す念の入れよう。
これからもどんどん連れて行って、その変化を楽しみたい。
動物園でウサギをおっかなびっくり触ったそうだ。

小さな動く玩具、大きなボール、まだちょっと怖いみたいで、
興味はとてもあるのにそれが動いている間は抱きついてきて、
動かなくなって初めて取りに行く。
ボールも勝手に自力で動いていると思っていたみたい。
ウサギやハツカネズミもそのうち自分から触るようになるのだろう。

相棒が科博でガチャガチャを2度して、2度とも秋田犬ハチが出た模様。
今までガチャガチャなんてやったことないのに。
昨晩丁度、クラゲのガチャの話をしていたかららしい。
私は実際ガチャをやったことはなし。
コンプリートした人から譲ってもらう専門っす。

夕飯は魚屋さんで新鮮な牡蠣とアナゴがあったので、
牡蠣のバター焼きとアナゴの塩焼き。どちらも美味。
これは、動物の門でいうと何門?などと思いながら料理。

まだまだまだまだ世界は知らないことでいっぱいだー。

そして、くらげモノに触れることができ、
相棒と豆千代に感謝でいっぱいだー。
[PR]

by tayutai | 2011-01-17 17:46
2011年 01月 13日
20110113(「アッティーテー」のなぞ。&「パーイ。」)
1月6日に謎がっていた豆の「アッティーテー」発言。
解明されました。

結果、わたくし大いに反省せねばなりません。

「アッティーテー」は、微妙に発音やイントネーションの違いがあり、
「あっち行って」
「貸して」
「開けて」
の3種類あることが現時点で判明しています。

今日児童館で友達に自分が先に使っていた玩具を
取られたところ、貸しての「アッティーテー」
を大声で叫んでいました。

さっきは、扉があかないと知るや開けての
「アッティーテー」を連呼していました。

3種類の中でも「あっち行って」の頻度が高いのは、
「いやだ」の意味で豆が使っていることが
どうも多いからのようなのです。

豆がいやなことを「やだ」と直接発言したのは
数えるほどしかありません。
それが、みんな、アッティーテーになっていた。

なぜそうなったのか。

理由はこうです。

以前、私と相棒が喧嘩をした際、
私が「もういやだー。あっち行って!」
と泣きながら言ったのを聞いたから
のようなのです。

私は全く意識していなかったのですが、
相棒に指摘され、あ、言ったかも・・・
と思い出しました。
豆はその時、固まって見ていたそうです。

いやぁ、だめですね。
子供の前で喧嘩。
しちゃいけないね。

回数じゃない。インパクト。
とにかく、インパクトがあれば、すぐインプットされちゃいます。

なぜなら、1月6日くらいから急に豆が、
自分の麦茶の入ったマグを握って、私のマグカップめがけて
「パーイ。パーイ。」と、ぶつけてくるのです。

これ、「乾杯」なんですね。

乾杯は彼女の人生の中で今年の1月3日の新年会で
親戚としたのが最初です。
その前も後も、私たちとやったことはありませんでした。

だから、このたった1回の出来事が、とても楽しく思えて、
それからはほぼ必ず食事中に乾杯をしかけてきます。
こっちからグラスをぶつけたらダメで、
本人からやってはじめてやったなって気になるらしいです。

私が先にお茶を飲み終わってしまうと、
マグカップを持ってキッチンへ直行。
私が何事?とついていくと、お茶を新たに入れてと指示。
それから、テーブルの定位置に座ってと指示。
その後改めて満面の笑みで「パーイ。」

乾杯をするためだけに、このような工程を踏む彼女に、
むしろ乾杯してあげたくなる私なのでした。
[PR]

by tayutai | 2011-01-13 15:57
2011年 01月 13日
20110113(初歌?)
先週末の話だ。
朝起きて、まだ寒いのでごろごろしている時。
豆がお布団に横になりながら
「ねんねーん ころりよ おこーろーりーよー」
と口ずさんだ時には驚いた!

いやぁ、バーちゃんも私もよく寝る時に
歌っていますけれども。

長いコトバが出てくるようになったなぁ。
としみじみしたことだよ。

そんな豆は昨日、階段から落ちて大泣き。
大事なく、右のおでこが少し赤くなったのみ。
いやぁ、肝を冷やしました。
ちょっと目を離したすきにねぇ。
[PR]

by tayutai | 2011-01-13 15:32
2011年 01月 13日
20110113(いたい、いたい。)
豆が「痛い」と自ら言えるようになったのは、
怪我の功名!?だ。

足の裏3分の1、指側の部分は乾燥しやすいらしく、
豆の親指がいきなり1センチ弱、アカギレのように
切れてしまった。

それは既に2週間くらい前の話で、年末だったし
病院にいくほどのレベルでもなかったので、
あらまー痛いねぇなんて言って、なでなでしたら、
いたい、いたい。と自分で言って、親指を
何度も何度も見せてくる。

だから、ウエットタイプの絆創膏を貼ることにした。
お正月には神様に、早く傷治りますようにって
お祈りしてこようね。と言うと、うん。と頷く。

(困った時にしか神頼みしないから、
ほんと困ったものだよねぇ)

豆はその後も、日に何度も親指を見せて、いたい、いたい。と言う。
私はその度に、いたいねぇ、いたいねぇ、早く治るといいね。と答える。
絆創膏がはがれるとまた貼ってほしそうにするので、毎日貼る。

その繰り返しで、今ではほぼ治っているのだが、
いまだに、いたいって言うし、絆創膏を貼ってほしそうに
するので、もうそこは、本人が納得するまで
付き合うしかないなと腹を決めた。

傷って多分、体だけのことじゃないんだよね。
だから、むげにもう治ったじゃん、とか、もう絆創膏いらないじゃん。
とは言わないことにしている。

ただ、傷口綺麗になってきたねー。とか、
よくなってきたよー。とか、
神様にお願いしたもんねー。とか、
本人がその気になるように仕向けてはいて、
この根競べはいつまで続くのかしらー。と思いつつ、
ちょっと面白がっているところだ。
[PR]

by tayutai | 2011-01-13 15:26
2011年 01月 13日
20110113(気合とか。)
カレンダーを見て、わっ、もう13日やん。
と思った私はあまり気合い入っておりませんが、
最近はエクセルやワードに向かう日々です。
といっても、けっこう邪魔やら他のこともあるので
正味1時間くらいかなぁ。
とりあえず月内にめどつけなーあきまへん。

最近は託児付きヨガに行きました。
託児付きはいいねっ!
豆はすっかり慣れたのか、自然な感じ。
託児の前にはちゃんと目を見てその旨話をする。
うん、と頷いた。

ちゃんとその先のことを話しておいてあげると、
子供ってわりとすんなりいくことも多いよね。

音楽に合わせて踊ったり、別の子に玩具を貸してあげたり
していたそうだ。
少し眠いなー、と、おばちゃまに抱っこされているところを
私が戻り、みんなにバイバイしてからお昼ご飯を食べにカフェへ。

やー、意外ともう、1歳8ヶ月ともなると
ちゃんと一緒に食べられます。

ソファーみたいな椅子に横並びして、
一番奥の一番端の席を陣取り、スプーンやフォークお皿を借りて
ご飯とお惣菜を取り分けるとムシャムシャ。
自分でお冷を飲みたがるので、こちらは冷や冷やしつつ。
最後はテーブルを自分で拭いてごちそうさま。
お店の人やお客さんに手を振られ、バイバイしながら
トコトコ歩いて帰りました。

ヨガの会場は4駅先で、そのくらいだと気軽に一緒に豆と
電車に乗ることが出来る。

久しぶりにヨガやったら、いやぁ、なんだろう、この体の硬さ、痛さ。
翌日以降、筋肉痛はないけど、こう好転反応的なだるーい人になっていて、
かなりのダメ人間ぶりを1月から発揮してしまったよ。

豆と相棒は昨年末銭湯デビューを果たし、
二人が出かけている間、私は一人で家風呂でゆったり。
家族で銭湯、昭和チックでいいじゃん。と言うので、
もう少し暖かくなったら、私も参加しようかな。

私は今行ったら風邪をひくに100点、てなもんなので。
普通の家でそれほど激しく寒くない時期に、
足がしもやけ化したよ。

豆が皮膚科に行ったついでに私も先生に診てもらったら、
しもやけは性質だから、なっちゃう人はなっちゃうらしく、
ビタミンE入りの塗り薬をもらった。
ただ塗るだけじゃダメで、マッサージしながら塗ってねとのこと。
とにかく温めることだよね。
すーぐ手足冷たくなって困るよ。

今週末は、京都大学 東京オフィス「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ2
生きものの多様な世界の中で、久保田信先生の
「人類の夢、不老不死のベニクラゲの神秘」を聴きにいきます。

ベニクラゲって若返りするクラゲといわれているけれども、
お話が楽しみ。

私が出かけてしまうから、相棒と豆二人、というのは
なかなかないことなので、二人ラブラブで過ごしてほしいね。
あの二人は休日によく散歩に行っているから全然大丈夫だし。
[PR]

by tayutai | 2011-01-13 15:12
2011年 01月 06日
20110106謹賀新年
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ただ今、霞ヶ関から帰る電車の中。初仕事。といっても報酬はなく、役所から講習を受けるよう連絡が来たので。
小さな子供がいるので託児のめどがついたら参加します。と伝えると、お役所の推定勤続2年の若者がこう宣った。重要なことなので、なんとか参加してほしい。質問がなければ2時間弱なのでお子さんが静かに座っていられるなら連れてきてもいいです。と。
私は内心、静かに座っていられないから世の親は苦労してるんじゃい!とイラッとしたわー。

それはさておき、バーチャンに今朝家に来てもらい、豆にバイバイと手を振ると大泣き。バーチャンに抱っこされ道の曲がり角ぎりぎりでやっと手を振ってくれた。
この頃、言葉が増え意味がよく分かってきて、うがいブームとマイ湯桶で肩流しブーム、へそブーム、お腹でごっつんこブーム、バッグ片手にバイバイブームが来ているようだ。体の部位もよく分かる。
「アッティーテー」というコトバをよく発するがこっちにはまだピンと来ない。「貸して」か「あっち行って」だなと場面によって思うが、それ以外を意味している場合もある気がする。
「あった、いない、あつい、いたい、め、みみ、おとうー(たん)、バーバ、バイバイ」は語彙が増えてはっきり言うかな。「うん」と「いいえ」、「ありがとう」や「こんにちは」は頷いたり首を振る。でも、あいかわらず私は「ママ」で「おかあたん」じゃないのは何故?

年末年始もあっという間だった。年賀状書きと小掃除。お正月らしい料理は、年越しそばと栗きんとん、お雑煮、小豆を炊いたのみ。30日に毎年恒例Hちゃん来訪。31日は豆と散歩していたら実家に着いてしまい夕方まで。
1日は再び実家でお節、カニ鍋、寿司三昧。2日は初詣。3日は浅草で新年会。毎年恒例ロシア料理。豆もかなり食べる。今年は親のをあげる感じだったので、来年はバシッとお子様メニューを用意してもらおう。手提げバッグを私の従姉妹にプレゼントされた豆がしっかり女子していたのが印象的だった。食への探究心?はあいかわらず。沢山美味しいパンをウエイトレスさんにもらったので、Mちゃんに分けてあげたら、自分のを取られたと思ったのか豆大泣き。W大男子大学生、タジタジ。「豆が物心ついたらお金で返す」と口走り、周りから「それじゃあMちゃん大好きって言葉を覚えていっぱいもらおう!」と教えこまれていた。

年末年始、相棒は外構をせっせと作業。コンクリートを削ったりするので、頭や顔が真っ白。ゴーグルにマスク。最初見た時は閑静な住宅街におよそ似合わないいつの時代のどこの人かと思ったよ。怪しい怪しすぎる。しかし、すごい持久力と実行力だな。今年はだんだん形になるに違いない。楽しみだ。
[PR]

by tayutai | 2011-01-06 12:32